eMAXIS全世界株式インデックスに長期積立投資 毎月10,000円積立投資していたらどうなっていたのか 過去のデータを使って計算してみました




eMAXIS全世界株式インデックスに長期積立投資 毎月10,000円積立投資していたらどうなっていたのか

eMAXIS全世界株式インデックスに積立投資を行うと,貯金する場合よりも資産を大きくできることがわかりました.

もし2010年8月から毎月10,000円投資できれば,2019年1月には評価額が約140万円となり,毎月10,000円貯金するよりも約1.4倍大きくできることがわかりました.

日本株と外国株の配当月一覧

投資条件

2010年8月から2019年1月,2014年1月から2019年1月までそれぞれ毎月10,000円積立投資をした場合,保有株の評価額はいくらになるのか,過去の基準価額を元に計算しました.

投資するタイミングは毎月最初の取引日とします.

計算結果

2010年8月から2019年1月まで,毎月10,000円を投資した場合

表1と図1に2010年8月から2019年1月まで,毎年10,000円を投資した場合の保有株評価額の計算結果を示します.2019年1月には1,425,289円となります.

2010年8月から毎月10,000円を貯金した場合は1,020,000円貯まりますので,貯金するより投資した方が約1.4倍資産を大きくできることがわかります.

表1 2010年8月から2019年1月まで,毎月10,000円を投資した場合(一部抜粋)

 

図1 2010年8月から2019年1月まで,毎月10,000円を投資と貯金をした場合の比較

2014年1月から2019年1月まで,毎月10,000円を投資した場合

図2に2014年1月から2019年1月まで,毎年10,000円を投資した場合の保有株評価額の計算結果を示します.2019年1月には627,826円となります.

2014年1月から毎月10,000円を貯金した場合は,610,000円貯まりますので,貯金した場合と投資した場合では大差がないことがわかります.

図2 2014年1月から2019年1月まで,毎月10,000円を投資と貯金をした場合の比較

計算結果を1つのグラフにまとめてみる

図3に各期間の計算結果をまとめて示します.2010年8月から積立投資を行った場合が,評価額が一番大きくなることがわかりました.

また,長期間積立投資を行えば行うほど評価額と貯金額の差は広がっていくと考えられます.

図3 計算結果まとめ

まとめ

今回の計算をしてみて,インデックスファンドに積立投資を行うと資産を大きくできることがわかりました.個別株をメインに投資をしているのですが,インデックスファンドにもお金を振り向けようと思いました.

併せてお読みください.

日本株と外国株の配当月一覧

AT&T【T】各年の配当利回りと,毎年$1,000積立投資(配当金は再投資)していたらどうなっていたのか 過去のデータを使って計算してみました

【PG】米国のプロクター&ギャンブルに毎年$1,000積立投資(配当金は再投資)していたらどうなっていたのか 過去のデータを使って計算してみました

【APPL】米国のアップルに毎年$1,000積立投資(配当金は再投資)していたらどうなっていたのか 過去のデータを使って計算してみました

【KO】米国のコカ・コーラに毎年$1,000積立投資(配当金は再投資)していたらどうなっていたのか 過去のデータを使って計算してみました

【MSFT】マイクロソフトを毎年$1,000積立投資(配当金は再投資)していたらどうなっていたのか 過去のデータを使って計算してみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA