【受験記録】令和3年度 甲種・乙種火薬類取扱保安責任者を受けてみた




【受験記録】令和3年度 甲種・乙種火薬類取扱保安責任者を受けてみた

読者のみなさんの中には,甲種・乙種火薬類取扱保安責任者を受験したいけど,どんな教材を使えば良いのだろう?何時間勉強する必要があるのだろう?勉強方法が知りたい!と思う人はいるのではないでしょうか.

今回,「甲種・乙種火薬類取扱保安責任者」を受験し,なんとか合格することが出来ましたので,購入した参考書,参考にしたサイト,勉強時間,勉強方法と実際の試験の正答率を紹介します.

この記事を読めば,勉強時間の目安,合格するための参考書,勉強法を学べます.

【宇宙開発の現場から】宇宙開発現場で実際に使われる資格

【背景】甲種火薬類取扱保安責任者の受験を決意

入社したい企業の求人の応募資格欄に「火薬類取扱保安責任者」が記載されていた

2021年4月,私は宇宙開発を行う企業の求人を見つけ,応募することにしました.求人を見ると「甲種・乙種火薬類取扱保安責任者」を持っている人材が望ましいと書かれていました.宇宙開発をする会社では火薬を燃料に使用する固体ロケットが扱われ、火薬の取扱、火薬庫の管理、県庁への申請業務を行う人が必要なのです。しかし,私は甲種・乙種火薬類取扱保安責任者の資格を持っていませんでした.どうしてもその会社に入社したかったので,すぐに甲種・乙種火薬類取扱保安責任者を受験する決意を固め,受験申し込みをしました.転職用の履歴書には資格欄に甲種・乙種火薬類取扱保安責任者を受験予定であると記入し,実際の面接では「これから受験する予定です!」と答え,入社までに資格取得する意思を伝えました.(転職は成功し,2021年6月にその会社に入社することが決まりました)

参考書購入

8月19日,アマゾンで過去問「甲種 火薬類取扱保安責任者 過去問題・解答解説集 2021年版を購入しました.

8月30日,過去問だけでは十分な解説が掲載されていないので、非常に有名な「香川本」を購入しました。私が欲しいと思ったときには既に新品の在庫がなかったので、メルカリで数年前に発行された中古本を購入して勉強しました。恐らく新しい香川本を手に入れて勉強した方がいいのではないかと思います。

勉強の仕方,場所

当時乙種4類危険物取扱者の勉強もしていたため、勉強を始める時期が非常に遅くなっていましました。乙4も転職先の会社で使う資格でした。

↓危険物取扱者乙種第4類を受験したときの記事です。

備忘録 危険物取扱者試験乙種 第4類を受けてみた 

早速過去問「甲種 火薬類取扱保安責任者 過去問題・解答解説集 2021年版」に取り組んだのですが、過去問に詳しい解説はなく、機械工学を学んできた私には全く解くことができませんでした.そこで、「香川本」を入手し、巻頭にある復習整理と書かれた重要用語がまとめられた一覧の丸暗記に努めました。8月30日から試験日の9月5日までこの書籍を読み込み、9月3日からは過去問も同時に解き始めました。「香川本」には暗記すべき項目が表でわかりやすくまとめられているので,重要な表を何度も紙に書いて丸暗記しました.

巻頭にある復習整理と書かれた重要用語一覧、コピーをとり、重要用語を修正液で見えなくして穴埋め問題を作成、別紙に回答していくスタイルで勉強しました。

↑穴埋め問題を解いた時の回答用紙。

 

過去問も可能なかじり繰り返し解き,分からなかった箇所は何度も「香川本」の詳しい解説を読んで復習しました.

過去問を何度も繰り返し解いていると、毎年決まった問題文が多数繰り返し出題されていることがわかります。きちんと調べてはいないのですが、感覚としてはほとんど全ての試験問題が過去に出題されているのではないかと思うほど、毎年出題されている問題は多いです。

勉強場所としましては,家でも勉強はしましたがカフェやファミレスで勉強することが多かったです.

試験当日も香川本巻頭にある復習整理と書かれた重要用語一覧の丸暗記に取り組みました。

勉強時間としましては,8月30日から試験日の9月5日まで平日は毎日2時間勉強しました.土日は約6時間勉強しています.トータルで約25時間程度勉強しました.

この時は乙4の受験も控えていましたので、非常に少ない勉強時間となってしました。根拠はないですが、50時間以上勉強するのが理想ではないかと思います。

結果

10月22日午前9時1分,インターネット上で合格発表があり,自分の受験番号を見つけることが出来ました.

10月27日に合格通知が届きました.

得点や正解数は公表されていないので自己採点結果を記述します。

私の自己採点結果は,法令17/20,一般火薬学20/20で合格点(合格基準はそれぞれ60%)に届いていました。

↓下記記事は自己採点した時の記事です。

【過去問の解説を参考に作ってみた】令和3年度 甲種 火薬類取扱保安責任者試験問題 解答速報版(間違っている可能性があります)

まとめ

私の場合,「香川本」の巻頭にある一覧を読み込み,「甲種 火薬類取扱保安責任者 過去問題・解答解説集 2021年版」を繰り返し解くことでことで合格点に達しました.火薬について全く勉強したことがなかったのですが、過去問の問題文を丸暗記するだけで合格できるように感じました。毎日コツコツ勉強すれば合格できると思いますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか. 

↓よかったら下記の記事もお読みください。

【宇宙開発の現場から】宇宙開発現場で実際に使われる資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA