【やり方・始め方】ランサーズで副業(ライティング)を初めて受注しました。




【やり方・始め方】ランサーズで副業(ライティング)を初めて受注しました。

最近話題の副業を始めたいな。今の給料じゃ将来不安だから、月1万円でも良いので副業で収入を増やしたい。でも、副業未経験でもできる仕事なんてあるのかな。

↑こんな疑問を持っているサラリーマンの方は多いのではないでしょうか。

今回は、本業のサラリーマンを辞めずに副業を始めたいという方に、私が実際に行った副業の受注方法について、ランサーズ(仕事を受注できるサイト)登録から実際に副業獲得までの流れを説明いたします。

現在私は、サラリーマンをしながら株式投資を行っています。

将来は株式投資で得た配当金だけで生活し、会社を作って好きな事業をして暮らしたいと思っていました。

ですが、現在毎月受け取れる配当金は月約1万円で、生計を立てるには全然足りません。

配当以外の収入を増やして、早くサラリーマンを辞めようと思い、今回副業に挑戦して初めての副業を受注できました。

そこで、今回得ることができた副業ノウハウを紹介します。

是非最後まで記事を読んでいただければと思います。

副業の種類

まず、副業にはどんなものがあるか考えてみます。

副業の種類

・Webライター
・せどり、転売
・ハンドメイド作品の販売
・音声の文字起こし
・映画、ドラマレビュー
・動画
・音楽系
・イラスト制作
・翻訳
・アンケート回答
・システム開発
・データ入力
・アプリ開発
・サイト制作

スキルが必要ない副業はあまり稼げない

誰でもできる副業であれば、だれでも真似できますので、あまり稼げません。

副業で継続的にお金を稼げるスキルを身につけよう!

私がオススメするのは、継続的にお金を稼げるスキルを身につけることです。

スキルがあれば、サラリーマンの給与所得以外にも現金を生み出す手段が増えますので、会社への依存度を減らすことができます。

スキルを身につけるには勉強が必要です

スキルを身につけるには、勉強が必要です。

しかし、これが他の人との差別化ができる理由となり、現金を生む手段として残るのです。

誰でもできる副業であれば、だれでも真似できますので、すぐに稼げなくなることを覚えておいてください。

ウェブライティング

すぐにスキルが身につく副業を考えた結果、ウェブライティングを始めることにしました。

ウェブライティングって何?

新聞や雑誌のような紙媒体の記事を書くのではなく、ウェブサイト上の記事を書くことを言います。

パソコンがあれば誰でも始められる仕事です。

ウェブライターは、クライアントと連絡する際は全てオンラインで行いますので、在宅で仕事ができ、副業にピッタリです。

記事のジャンルは多様であり、自分の趣味や得意分野と合致する記事執筆を受注することもできます。

なぜライティングなのか

ライティングを選んだ理由は、初心者でも始めやすいからです。

ライティングの仕事には、初心者を対象とした案件がたくさんあり、受注するとクライアントからライティングのマニュアルをもらうことができます。

仕事を通して、ライティングの知識を得ることができるのです。

ライティングのやり方・始め方

①ライティングについて理解する

ライティングの学習は以下の本の内一つを選んで読むと良いと思います。

おすすめの本

本による学習が終わりましたら、仕事の受注を行います。

ライティングのマニュアルを貰えると思いますので、とりあえず始めてみることをオススメします。

①ランサーズに登録します。

ランサーズは日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイトです。

プログラミング・動画編集・写真編集・ライティング等の仕事が掲載されています。

クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

②どんな案件を探すか。

>>NEW 主婦の方歓迎★未経験でも学びながらお仕事【20件/6000円】ブログ記事ライターさん募集!

>>NEW 【初心者の方歓迎】簡単な記事作成をお願いします。【マニュアル、継続あり】

>>NEW WEB記事作成★身近な話題から挑戦★iPhoneユーザー向★ネット完結の学習環境と添削で初心者応援

ランサーズのサイト内で「初心者」、記事数20本、固定報酬(プロジェクト)という条件で検索すると上記のような複数の案件がヒットします。

このような案件に応募してみましょう。

しかし、理想の文字単価は1文字1円以上ですが、初心者用の案件は文字単価が非常に安く、儲かりません。

1文字1円以上の案件の多くは、応募資格にライティング経験者を要求していることが多く、初心者では応募できない案件も多数あります。

まずは、初心者用の案件を受注してマニュアルと実績を獲得してから文字単価1文字1円以上の案件を受注すると良いでしょう。

③何件応募したか

私は初受注するまでに5件の案件に提案書を送付しました。

他のサイトを閲覧していると、初受注までに20件から30件の提案書を送付して初めて受注するという人が多いです。

私の場合は初心者用案件に提案書を送付し続けていたため、比較的早期に受注できました。

④提案書の作成

実際に私がライティング案件を初受注した時の提案書の一部を載せておきます。

○○様
私は○○と申します.

・簡単な自己紹介 
大学院修了後,○○に就職.
現在は○○に関する部署に所属しています.

ブログを運営しており,Wordpressを扱うことができます.
運営中のブログのPV数は月間約○○程度です.

・得意なジャンル、苦手なジャンル
株式投資に関するブログを執筆しているため,金融に関するジャンルが得意です.
化学・機械に関する研究をしていたため,サイエンスに関するジャンルが得意です.

苦手なジャンルは今のところございません.

・なぜ当社を応募したのか。
御社が,記事の執筆を勉強したいと思っている方やライティングの勉強をしたい人を支えようとする姿勢が,
文章力を上げたいと思っている私の考えに合致するため応募しました.

・約束
①納期は必ず守ります.

②納期より早く納品できるように努力します.

③不明な点があればすぐ連絡いたします.

④至らない点は改善するので,ご指摘ください.

慣れない点もありますので,
至らない点はご指摘いただけると嬉しいです.

ご検討よろしくお願いします.

⑤受注したら、納期より早く納品しましょう

記事を10本、20本まとめて受注したら、約束の納期よりも早く納品し、クライアントからの信頼を勝ち取りましょう。

信頼を獲得したら、約束の記事数を全て納品後に新たな仕事を貰えるでしょう。

⑥文字単価アップを交渉しよう

20本、30本分の記事を納入したら文字単価アップの交渉をしましょう。

ある程度の記事を納入したら、スキルも獲得できており、あなたの価値は高まっております。

経験期間が6か月以上であれば文字単価は1文字1円以上、半年以上であれば1円以上を狙っていけばいいと思います。

月収の目安

ライター歴 文字単価 目安月収
6か月未満 1円以下 0.1円×3,000文字×5記事=1,500円

0.5円×3,000文字×5記事=7,500円

1円×3,000文字×5記事=15,000円

1円×3,000文字×10記事=30,000円

6か月~1年 1円~2円 1円×3,000文字×10記事=30,000円

1.5円×3,000文字×10記事=45,000円

2円×3,000文字×10記事=60,000円

1年~2年 2円以上 2円×3,000文字×10記事=60,000円

3円×3,000文字×10記事=90,000円

3円×3,000文字×20記事=180,000円

4円×3,000文字×20記事=240,000円

6か月未満の方で文章をたくさん書ける人なら月3万円を稼げると思われます。

6か月から1年の経験期間であれば3万円から6万円、1年以上であれば10万円も視野に入るのではないでしょうか。

まとめ

 

まとめ

・継続的に現金を生む「ライティング」がおすすめ。

・日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイト「ランサーズ」に登録。

>>クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

・初心者用のライティング案件を獲得し、実績を作りましょう。

・クライアントとの信頼関係を作り、新しい仕事を貰ったり、文字単価を上げてもらいましょう。

・ライティング経験期間が6か月未満の場合は月収3万円程度になると思います。1年以上であれば月収10万円も狙えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA