ヒッチハイク おすすめ持ち物




ヒッチハイク おすすめ持ち物

ヒッチハイクで役立つグッズが知りたい。ヒッチハイクに挑戦してみたいけど、何を用意すればいいんだろう。今度ヒッチハイクに出かけたいので、便利なグッズを知りたいです。

このような読者の方に役立つ記事です。

著者は北海道から九州、その後フェリーで韓国釜山(プサン)まで移動したことがあるヒッチハイカー

実際にヒッチハイクを利用して外国まで行ってしまう上級者のため、信頼できると思います。

そこで、今回はヒッチハイクに便利なグッズを紹介します。

是非最後まで記事を読んでいただければと思います。

ヒッチハイク おすすめ持ち物 国内版

ソーラーパネル充電器

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

私が一番におすすめする持ち物は、ソーラーパネル充電器です。

おすすめポイント

・ソーラーパネルを搭載していて、日光に当てて自動充電することができます。

・USBポートを2つ備えているので、スマートフォンやカメラ等デバイス2台を同時充電できます。

このバッテリーは持っておいた方が良いと思います。
これの最大のメリットは、

スマートフォンのバッテリーがなくなる心配がないことです。

このバッテリーがあれば、車が拾えなくて歩いて旅を続行する時にGPSと連動した地図アプリを使えるので、道に迷うことはありません。

旅の途中で現金が尽きた時も、地図アプリを使って近くのATMを調べることができます。

何か困ったことがあったら、消防署や警察署に連絡することもできますよ。

実際、私もヒッチハイク中にGPSと連動した地図アプリに助けられたのでした。

水がなくなって現金もあまりない旅をしていた日に、地図アプリを使って、公園を探して水飲み場まで行くことができました。

もし、バッテリーが切れてスマートフォンが使えなかったら、どうなっていたかわかりません。

スマートフォンとこのバッテリーがあれば、より安全に旅ができるようになります。

 

クレジットカード

突然現金が必要になった場合に、クレジットカードがあれば、コンビニのATM等からキャッシングにより現金を入手することができます。

実際私もヒッチハイク中に現金が足りなくなることがあり、クレジットカードにはお世話になりました。

大学生の方であれば、大学で斡旋されている学生専用のクレジットカードを持参すると良いでしょう。

また、クレジットカードを持っていない方は、比較的審査の通りやすい楽天カードに申し込むと良いですよ。

楽天カードは、クレジットカード、電子マネーの楽天Edy、楽天ポイントカードの3つのサービスを集約したカード。

楽天市場でお買い物をするとポイントがお得に貯まるから、私生活でも大活躍してくれます。

>>楽天カード公式サイトはこちらk【無料】

>>楽天プレミアムカード公式サイトはこちら

 

A3スケッチブックとマジックペン

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

ヒッチハイクをするのにやはり便利なのはスケッチブックです。

おすすめポイント

・マジックペンで行き先を書いて、車が停車できそうな信号機付近や高速道路のサービスエリア駐車場で掲げると、車が停車してくれることがあります。

・このスケッチブックを持ちながら、サービスエリアのレストランやお土産屋さんを歩いていると、ドライバーから声をかけてもらえることがあります。

スケッチブックに行き先を書いて掲げていると車は止まってくれますし、スケッチブックを持って歩いているだけで、ドライバーから声をかけてくれます。

乗せてもらえるコツとしては、行き先を隣町や隣のパーキングエリア・サービスエリアにすること。

乗車してから「本当はもっと先まで行きたいんです」というと遠くまで乗せてくれることがあるのです。

スケッチブックを使わない場合は、道中のコンビニやスーパーで段ボールを調達することをオススメします。
段ボールなら、A3スケッチブックより大きく行き先を書くことができますよ。

 

 

水筒

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

ヒッチハイクをするのに水筒はあった方がいいです。

おすすめポイント

・ヒッチハイク中は飲み水を確保できないことがあり、水筒があれば公園等で水を確保して持ち歩くことができます。

・コンビニ等で購入したホットドリンクや淹れたての温かいコーヒーの保温に適しています。

ヒッチハイクをしていると、車が多く通行している国道または高速道路の入り口まで歩いていく事があります。

私の場合、歩いている最中にお店がなかったり、現金がなくて飲み物が買えなかったり、現金を温存したくて飲料を手に入れられないことがありました。

そのような時、水筒に公園の水飲み場で得た水を入れておくと、歩き続けることができます。

また、もし夏以外でヒッチハイクする場合はコンビニで購入した温かい飲み物を保温するのに水筒は便利ですよ。

 

 

洗顔ペーパー・ボディーペーパー、制汗剤

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

ヒッチハイクをしているとお風呂に入れない期間が長くなります。

そのような状態でドライバーさんの隣に座ることが多いので、臭わないように体の汚れを拭いて清潔を保つ必要があります。

そのために、洗顔ペーパー・ボディーペーパーを持っているといいでしょう。

おすすめポイント

・長旅で汚れた体を手軽に清潔にできる。

・熱い夏に清涼感を得られる。

夏の暑い環境でのヒッチハイクでは、お風呂やシャワーを利用する機会が減りますので、汗をかいて自分でも気になるくらいの体臭を感じるようになります。

また、冬でも時間が経つとベタつきやかゆみを感じるようになり、非常に不快な状態でヒッチハイクをすることになります。

体が汚れた状態で乗車すれば、車内に匂いが充満しますので、洗顔ペーパー・ボディーペーパー・制汗剤で常に清潔に保っていることが重要です。

 

 

折り畳み傘やレインコート

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

ヒッチハイク中は建物の中に入れずに、ずっと外にいることも多いので、雨対策は必須です。

雨宿りできる構造物を発見できないかもしれませんし、いつ雨が降るかわかりませんので、折りたたみ傘だけは必ず持っておくと良いでしょう。

おすすめポイント

・ヒッチハイク中の突然の雨に対応できます。

ヒッチハイクをしていると車が多く通行している国道まで歩いていくのですが、その際に雨が降るかもしれません。

その場合は、雨具で雨を避けながら建物を探して雨宿りをする必要があります。

雨に当たると体温が奪われて風邪をひき、ヒッチハイクどころではなくなりますので、必ず雨具を用意した方が良いです。

 

 

洗濯ネット

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

ヒッチハイク中は、汚れた衣服を洗うためにコインランドリーに寄ったりホテルの洗濯設備を使うことがあります。

洗濯中、自分の肌着が他の人から丸見えとなり、なんだか恥ずかしい気持ちになったことがあります。

そのため、洗濯ネットを利用して、何を洗っているか見えないようにすることをオススメします。

おすすめポイント

・コインランドリーで洗濯中に、洗っているものが他人に見えなくなります。

ヒッチハイク中は、自分の着ている衣服に汗等がしみ込み、臭くなったり衣服の触り心地が悪くなります。

そのため、スマートフォンの地図アプリを使ってコインランドリーを探して洗濯をするのですが、洗濯を始めると私の衣服が洗濯機の外から良く見えるのでした。

そのため、洗濯ネットを持っていた方が良いでしょう。

 

 

トラベルセット(歯ブラシ・歯磨き粉・シャンプー・ボディーソープ)

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

ヒッチハイクをしていると、ネットカフェ等のシャワーを使ったり、フェリーのお風呂に浸かることがあります。

その際、歯ブラシやシャンプー・ボディーソープ等が用意されていなことがことがあり得るのです。

トラベルセット(歯ブラシ・歯磨き粉・シャンプー・ボディーソープ)を用意して、道中はなるべく清潔を保つようにしたいところです。

おすすめポイント

・体を清潔に保つための歯ブラシ・歯磨き粉・シャンプー・ボディーソープをヒッチハイク中のシャワー設備で利用できます。

このトラベルセットは、意外とドラッグストアで売っていないことがあります。

ヒッチハイク中に調達しようとしても、小さい容器のシャンプー・ボディーソープを手に入れることができず、持ち運びに不便な大き目のシャンプー・ボディーソープを購入しなければなりません。

旅を始める前に、インターネットでトラベルセットを購入しておくことをオススメします。

 

 

ハンディ扇風機

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

夏場のヒッチハイクでは、猛烈な日差しにさらされ、熱中症に注意しなければなりません。

また、女性の場合、顔の汗でメイクが落ちてしまう可能性があります。

そのため、ハンディ扇風機を持ち歩くことをオススメします。

おすすめポイント

・体を冷やすことができ、夏場の熱中症対策ができます。

・顔に発生する汗を抑えることができます。

ヒッチハイク中は、日光を避けるための建物を探し出せないことがあります。

その際は帽子で日光を遮ったり、さらにハンディ扇風機を使って体を冷やすことがオススメです。

熱中症にかかってしまうと体がしびれてしまい、だれもいない田舎道等で倒れてしまうと、助けてくれる人が来なくて最悪の展開が待っているかもしれません。

そのため、何らかの熱中症対策をしておくと良いでしょう。

 

ヒッチハイク おすすめ持ち物 海外版

クレジットカード

私はヒッチハイクで北海道から移動して下関市の韓国釜山行きフェリーターミナルまで行き、日本を出国したことがありました。

>>下関港から韓国釜山港への旅【ヒッチハイク】

海外に行く際に持っておきたいのが、やはりクレジットカードです。

クレジットカード(VISA、Master card)があれば、お店で買い物ができますし、キャッシングを利用してATMで現地の通貨を得ることができます。

海外でのキャシングの仕方は下記の記事で、写真付きで説明しています。

>>クレジットカード(VISA)の海外キャッシングサービスを使って,海外ATMから現地通貨を引き出してみました.(香港編)

>>クレジットカード(VISA)の海外キャッシングサービスを使って,海外ATMから現地通貨を引き出してみました.(マレーシア編)

 

カードを持っていない方は、比較的審査が厳しくないと言われる楽天カードでキャシングはできますので、申し込んでみてください。

>>【無料】楽天カード公式サイトはこちら

>>楽天プレミアムカード公式サイトはこちら

海外変換プラグ 海外旅行用マルチプラグ

※画像を選択するとAmazonの商品説明ページにジャンプします。

もしヒッチハイクで海外まで行くのであれば、海外旅行用マルチプラグを持って行った方が良いでしょう。

海外のコンセントと日本のコンセントの形は違いますので、世界中で対応可能なマルチプラグを用意するといいでしょう。

 

まとめ

ヒッチハイクに必要と思われる持ち物をご紹介しました。

今回紹介したものは、安全かつ清潔にヒッチハイクをするために必要だと思った物を中心に紹介しました。

ヒッチハイクではベッドで寝れない日が何日も続き、横になれない日が続きます。

風呂やシャワーを利用できない日が何日も続いて、体はかゆくなり、汗臭くなります。

また、猛烈な日差しで熱中症になりかけたり、疲れで歩けなくなりそうになったりと体力的にキツイことがあります。

ヒッチハイクする際は万全の状態で行くようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA