取引先の社長に,起業した際の話と不動産投資について,お話しを聞きました.接待は起業家,投資家と会話するいい機会だと思いました




概要

昨日,取引先の社長とお酒を飲む機会がありました.起業した時の資金についてと,不動産投資について,行動しなければ成功も失敗もできないことを学びました.

取引先の社長とお酒を飲みました.

取引先の社長が接待をしてくれました.社長が私の隣に座っていましたので,起業に興味がある私は,社長の若いころの企業についてお話を聞きました.

社長の資金の獲得について

社長は20代の頃,当時の金額で200万円(当時の大卒の初任給は約2万円です.現在の大卒初任給は約20万円とすると,おそらく当時の200万円は現在の2000万円になると思います.)を貯めて,土地を借り,工場を建てました.

社長は,ある原発の放射線を通さない壁の施工を行い,起業するための資金を得たそうです.

起業後の営業活動について聞いたところ,特に営業はしなかったそうです.当時は仕事が多くあり,舞い込んだ仕事をこなしていき,財を成したそうです.

起業をして10年で年収が1000万円を超えたそうです.現在では東証1部上場企業のサラリーマン社長以上の年収があり,高額納税者になったとのことです.

不動産投資について

社長は不動産投資も行っています.不動産投資について,最初は全く知識がなかったのですが,やりたいと思ったため不動産を始めたそうです.会社経営が安定しているため,銀行から低金利でお金を借りることができ,そのお金で建物を建てました.現在では満室となり,借金も完済し,毎月100万円弱のお金を得ているそうです.

行動することについて

起業した時と不動産投資を行った際,不安ではなかったのか質問をしました.社長は不安を感じなかったと言いました.自分がやりたいと思ったら,何も考えずに,すぐにやるべきと言いました.やらなければ何も得られないし,何も失う事がなく,人生を終えてしまうと言いました.

私が世に売り出したい製品について話してみました

私が考えている製品について話をすると,社長の工場で作製が可能で,製品次第では私に投資が可能だと言ってくれました.私の考えている製品は大学生時代に大学の設備を使って研究し,考えたので,この話について大学時代の指導員に相談してみたいと思います.

まとめ

サラリーマンにとって接待は起業家,投資家と会話するいい機会だと思いました.もし,起業する際のアイディアがあれば,社長に相談することができ,上手くいけば投資をしてくれるんじゃないかと思いました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA